捨てる前に考えよう

廃棄かリサイクル

廃棄物

粗大ごみは簡単に廃棄できません。
簡単に購入できるカラーボックスであっても神戸市では粗大ごみとして廃棄する際300円かかります。
またわざわざ神戸市大型ごみ受付センターへ連絡し、大型ごみシール券を購入して粗大ごみに貼り付け、やっと廃棄する事が出来ます。
費用も大きさや重さによって300円から1200円かかります。
さて、廃棄しようと思っている物は本当に粗大ごみでしょうか。
まだまだ利用できる物ではないでしょうか。
神戸市にはリサイクル品として買取してくれるお店があります。
高額での買取は期待出来ませんが廃棄する費用を考えるとプラスになります。
また最近はアプリで手軽に個人売買を行う事が可能です。
個人売買といってもアプリの運営会社が中間に入ってくれるので安心して利用できます。
販売価格から手数料を引かれる場合もありますが、物によっては廃棄する手数料を支払うよりプラスな場合があります。
物が溢れる時代であり何でも簡単に購入する事が出来ます。
購入する際に粗大ごみとなる日が訪れる事はあまり考えないものです。
粗大ごみとして廃棄する時初めて廃棄する事の大変さに気付きます。
出来ることなら購入する際に粗大ごみとして廃棄する事も考え、それでも購入する必要があるのか検討出来れば粗大ごみを減らす事も可能かもしれません。
神戸市に大型ごみとして廃棄してもらう方法以外にも粗大ごみの回収業者へ委託する方法、廃棄するのではなくリサイクル品として買取ってもらう方法。
調べると知らなかった方法が見つかるかもしれません。
粗大ごみと考える前にもう1度考えてみてはいかがでしょうか。

費用相場や施主の準備は

解体工事

建物の解体を行うには、大阪でも解体工事を行っている専門業者に依頼することがほとんどでしょう。
解体工事における費用というのは、大阪でも業者によって様々なので、平均的にかかる費用や相場を知っておくことで、業者選びが比較的楽になります。
まず、大阪での解体工事にかかる相場ですが、どこの業者も坪単価で算出しており、木造住宅ですと坪当たり約3万円、鉄骨造住宅は、約3万2千円、RC造住宅なら約6万4千円です。
他の建物ですと、アパートや長屋の場合は約3万円、小規模の店舗や工場なら約3万3千円、内装のみの解体では4万2千円となっています。
解体工事における費用の詳細については、丸太足場の組み立てと養生防煙シート張り、建物解体、基礎解体、木材やコンクリート、産業廃棄物の運搬費と処分費などがあります。
そのため、大阪での一般的な木造住宅2階建ての、延床面積30坪程度となる解体費用相場は約100万円前後で、建物の付帯工事費や諸経費を除いての相場です。
また、道路の使用状況や重機の搬入ができるかどうかによって費用に違いが生じるため、必ず丁寧な見積りを依頼して確認することが大切です。
解体工事を業者に依頼するときに、大阪でも施主が準備する必要なものがあります。
必ず行わなければならないものは、工事着手前までに電気と電話、水道、ガスの利用停止をすることです。
他には、解体工事に必要である、建設リサイクル法に基づく届出書類などを作成し市町村に提出することになりますが、解体業者が代わりに行ってくれるところがほとんどです。
もし業者が行ってくれない場合は施主が行わなければならないので、前もって業者に確認するようにしましょう。
そして、解体工事後の滅失登記申請の申請は、施主が行う手続きなので、忘れずに申請することが必須です。

重たい荷物も引き取り可能

ソファーを運ぶ男女

自宅にある家具や家電など粗大ゴミを処分する際には、一つ一つ回収に来てもらうこともできますが、一括して業者に依頼することもできます。
不用品回収として神戸を中心に展開する業者を活用することで、神戸に住んでいる人は自宅から1歩も出ることなく不用品回収が可能となります。
家具や家電を捨てる際、大型の物や重たいものの場合、ご自身でゴミ捨て場まで運ぶことすら難しいケースがあります。
そのため不用品回収の業者を自宅に呼ぶことで、すべて自宅から引き取ってくれ、重たい荷物を運ぶ必要がなくなります。
様々な種類の粗大ゴミを回収してくれることが多く、ゴミの仕分けをしなくても良い利点もあります。
そんな神戸で利用できる不用品回収を調べる場合、まずはどのようなゴミの処分が可能であり、どの程度料金がかかるのか比較すると良いでしょう。
主な不用品回収業者は、トラック1台の手配により料金がいくら、もしくは大きさにより料金が決まるケースもあります。
神戸には数多くの不用品回収業者がいますので、まずは見積もりから始めてみるのも良いでしょう。
インターネットから簡単に価格を調べることもでき、より詳細な価格を知りたい場合見積もりを依頼することも可能です。
粗大ゴミの量により料金は異なるため、まとめて一括回収をしてもらうことで、1つあたりの処分に関する料金を減らすことにもつながり、一度にいらない物を全て処分することができますので、引っ越しの際には是非活用したいサービスとも言えるでしょう。

自分でしっかり判断

作業員

神奈川だけに限らず、不用品回収業者を選ぶ際に注意することがあります。行政認定の許可を受けているかということと、見積りを複数の業者から取るということです。口コミなどの情報だけに頼らずに、自分にとって最も納得の出来る業者を見付ける努力が必要です。

詳しくはこちら

ジャンルで売却先を変える

女性

京都でもリサイクルショップが増えていて、古くなった着物などを売れます。リサイクルショップにはそれぞれ得意ジャンルがあるので、どこのお店が良い査定をしてくれるのか調べたほうが良いです。また、アルバイトが査定を担当していると買取価格が安くなるので注意が必要です。

詳しくはこちら

買取も可能な不用品処分

作業員

神戸で不用品の処分をする時には、不用品回収業者に依頼すると回収しにきてくれます。買取対応ができることもありますが、物によっては高価買取で取引できてお得です。整理や分別を行ってくれたり、見積もりを無料で出してくれるなど細かな対応も魅力です。

詳しくはこちら